« 2019年2月 | メイン

2019年3月

2019年3月18日 (月)

消防署の方がいなくても本気の避難訓練!:かもしか病院

3/6にかもしか病院では避難訓練を行いました。

今回は消防署の立ち合いがない訓練でしたが、選手の介護職員・看護職員、訓練の指揮を執る総務部職員、訓練の様子をそばで見守る看護師長・介護士長と職員総動員で訓練にあたりました。

 

P1180941

P1180948

P1180986

消火器や消火栓、防火扉、折り畳み式の担架といったアイテムの使い方を念入りに確認し、避難訓練スタートです。

 

P1190006

東病棟談話室の電子レンジから出火→職員が発見、消火器・散水栓での消火活動→消火失敗、ご利用者を西病棟まで避難 という流れです。

 

P1190040

P1190070

ダッシュ、大声、みんな汗だくの本気の避難訓練。

 

P1190068

訓練ではご利用者に見立てたダミーを使用します。ダミーだけど丁寧に扱いますし、「大丈夫ですよ」、「ちょっとここで待っててね」とご利用者を安心させる声かけも忘れません。

 

P1190097

P1190099

最後に防火扉を閉めて、避難完了の報告です。

訓練が終わったころには皆疲れ切った様子でした。

 

P1180936

最後の反省会では参加した職員から

・実際はご利用者がベッド上にいらっしゃる。慣れないしもっと時間がかかると思う

・もう少し声かけができればよかった

といった感想が述べられました。

 

避難訓練、おつかれさまでした!

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画

2019年3月14日 (木)

寒の戻り でも道路は安心

3/14、昨晩からの冷え込みと降雪で下田地域に積雪がありました。

かもしか病院がある南五百川地区でも積雪です。

南五百川から栃尾、守門方面です。すっかり雪景色。

01

南五百川にあるかもしか病院の前の国道289号線です。朝方除雪が出たようで通行に支障はありません。

02

03

上にも書きましたが、積雪による交通の支障は全くありません。

気持ちがいい冬景色です。花粉も一休みでしょうか。

木村


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2019年3月13日 (水)

危険予知訓練の研修を行いました:いっぷく2番館

2/27に介護老人保健施設いっぷく2番館では危険予知訓練の研修を行いました。

 

P1190245

危険予知訓練とは、イラストや写真を用いて行う研修で、「どんな危険が潜んでいるか」を話し合う研修です。

 

P1180834

P1180837

P1180838

・椅子に背もたれがないので、足を持ち上げて洗っている時、バランスを崩して後ろに倒れる

・足元に石鹸があるので、踏みつけて転倒する

 

といった危険要因が挙げられ、それらに対する対応策として

 

・背もたれつきの椅子を使う

・石鹸は石鹸箱に必ず戻す

 

などが挙げられました。

 

また話し合いが終わった後も解説書を読んで「こんな危険もあった、気づかなかった」と意欲的な職員も多く見受けられた研修でした。

 

研修に参加した職員からは「今回の研修では、現状把握を行い、どんな危険が潜んでいるか考えて危険の要因発見と事前の対応が大切だと思いました。」といった感想が寄せられました。

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画

2019年3月12日 (火)

老健いっぷく、作品展を開催!

2/22~2/26にかけて介護老人保健施設いっぷくでは文化作品展を開催しました。

当日はご利用者やご家族がお見えになって会場は賑わいを見せました。

 

P1180639

3階ご利用者による作品。作品名は「鬼は外、福は内~ぜん持ち金持ちこっちこい~」

迫力のある作品ですが、よーく見てみると可愛らしい顔をしている鬼です。

 

P1180644

P1180712

デイケアサービスのご利用者によるしだれ桜とウグイスの貼り絵。(老健いっぷく、作品展に向けて貼り絵を制作中!

「この前作ったやつら」、「近くで見るより遠くから見たほうが何の絵か分かる」とご利用者。

 

P1180657

この作品展、職員の出品もOKということで、看護職員によるハクチョウの写真です。

 

P1180659

P1180702

こちらはご利用者による絵画。繊細なタッチでそれはまるで写真のようです。

ご利用者も思わず「あら~ばか上手ら~。」と見とれていました。

 

P1180730

1/2に書いた書き初め(老健いっぷく、書き初めをしました)も展示。

「おらが書いたのどれら?」「みんなばか上手らて~」とご利用者のみなさんは楽しそうに作品を眺めていました。

 

P1180740

なかなかの力作が揃う文化作品展です。

来年も文化作品展を開催することと思います。お越しの際はぜひご覧ください。

小澤


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2019年3月 1日 (金)

心と体のセルフメンテナンス

2/20に介護老人保健施設いっぷくでは「一般社団法人セルフアドヴァンス協会」の代表理事 水科江利子先生をお迎えし、「心と体のセルフメンテナンス~支援者のための支援~」の研修を行いました。

つまり、支援者=職員。今回は職員の「心と体のセルフメンテナンス」なのです。

一般社団法人セルフアドヴァンス協会では、フィットネスやセラピー、ワークショップを通して脳と心と体が豊かになるための活動を行っており、新潟県をはじめ県外でもその活動を広げています。

 

P1180532

“支援者のための支援”ということで、介護をする人が健康でいられるために・体と心を楽にするために必要なことを学びました。

 

P1180561

P1180569

ペアになって背中や脇腹、お尻といった自分ではケアしにくい場所をお互いにもみほぐします。相手の体をひたすらチョップ。

すると上体を後ろに反らしたり起こしたりといった運動で「さっきよりもやりやすくなった!」、横で見ていたペアの職員も「さっきより全然柔らかくなっている!」と驚きを隠せない様子。

 

P1180589

お互いを褒めまくろう!ということで、どんな些細な事でもいいので相手のいいところを伝え合います。

なかなかの盛り上がりで、みなさんが具体的にどんな言葉をかけていたのか聞き取れませんでしたが・・・職員の笑顔から察するに、きっと嬉しい言葉をかけてくれたのでしょう。

 

自分が発した言葉を最初に聞くのは自分。心と体と脳は密接に関わっています。投げかける言葉はマイナスな言葉よりはプラスな言葉のほうが相手にとっても自分にとってもいい。

そんなことを水科先生はおっしゃっていました。

 

P1180611

P1180596

最後に筋膜ケアを行いました。

筋膜とは、筋肉についている薄い膜のことで、この筋膜をほぐすと血管やリンパの流れがよくなり、人が本来もっている機能を回復したり活性化する効果が期待できるそうです。

 

研修が終わると「体も心も楽になった」と言ってすっきりとした表情でそれぞれの業務に戻っていきました。

ケアをする人の為のケアについて考えたこともなかったですが、まずはケアをする人が自身を労わることが質の良いサービスを提供するうえでは大切なことだと感じました。

 

水科江利子先生、このたびはありがとうございました。

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画