2017年6月19日 (月)

6/15 認知症カフェ カフェでいっぷく

6/15に行われた「認知症カフェ」のレポートが送られてきました。

-------------------------------------------

今回は30名の方が参加されました。

第一部はスポーツマネジメントやコンサルティング支援、高齢者や障がい者向けスポーツサービスの提供をされている、「株式会社リーフラス」さんが行う「脳活性化運動」です。

01



参加のみなさんの自己紹介、そして昨晩の夕食のお聞きすることから始まりました。これは記憶力に関するゲームですね。一巡した後に他の方の夕食を当てるクイズも!

02

その後肩こり解消の運動などした後に、二人一組の運動を行いました。

2人で2種類の布を4枚持ち、それを2人で受け渡しながらぐるぐる回します。インストラクターの方の指示で右回り左回り等変化させるのですが、思った以上にこれが難しい。

このような体操や運動で脳の活性化が図られるそうです。みなさん楽しそうでした。


第二部は元浅草芸人 縁竹縄さんによる歌声喫茶。

04_2

「高校三年生」「上を向いて歩こう」などなじみ深いものを7曲。

歌の選曲は、120曲あるレパートリーから参加者の皆さんから選んでもらいました。

-------------------------------------------------

※実はこの後縁竹縄さんにロングインタビューを敢行しました。
その様子はまた後日。。。

※またこれが縁竹縄さんから届いた、「えんたけ新聞」!!

19369258_1461081537317142_582749719

リーフラスの皆さん、縁竹縄さん本当にありがとうございました。

N.I  T.K

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03

   

2017年6月 6日 (火)

認知症カフェ「カフェでいっぷく」6/15

「認知症カフェ カフェでいっぷく」。今回は社会福祉法人しただが主幹の開催です。



過去何回か開催しましたが、改めて「認知症カフェ」とはなんぞや。

認知症になると、外出先での失敗経験が不安になったり、周囲への遠慮、不安が外出したい気持ちを抑えてしまう、などから外出そのものが嫌になってしまうらしいのです。

また周りのご家族も本人に外出をすすめてみてはみるものの、なかなか無理強いはできなく・・・。そして認知症の家族を抱えることでつらい気持ちをかかえてしまう。

こんな状況を少しでも和らげようと、認知症のご本人とその家族の方々が集まることができる「認知症カフェ」という場を設ける試みが世界各国で行われているそうです。  


認知症の方とご家族、また認知症に関心がある方、どなたでも気軽に参加できます。
みんなで心が軽くなって、より良い介護をするのが目的です。

今回は気合が入っています。

・三条が誇る、「えんたけ芸能社」所属 「縁竹縄さんオンステージ」

・「リーフラスさん」の認知症予防体操

お申し込み先:0256-41-3322(特別養護老人ホームいっぷく)

お待ちしております!

20170606161418_00001

t.k

2017年4月 3日 (月)

2017年4月3日入社式

本日、医療法人社団しただ/社会福祉法人しただの入社式がかもしか病院にて執り行われました。

Img_0992

理事長北澤の挨拶です。「一寸先は光」というお話です。

01

新入職員として宇佐美さんが代表で辞令を受け取りました。

02

03_2

入学式は過去何回も経験され、もしかしたら今後、専門学校や大学などに入りなおす際に入学式を経験されるかもしれません。

しかし、「入社式」は一生に一回なんですよね。中途入社の方に入社式ってあまり聞きません。今日というこの日のご自分のお気持ちを大切にしてください。

t.k

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03



2016年11月25日 (金)

等々力 務先生の「みんなで考える認知症」

11/27に「道の駅 漢学の里しただ」諸橋轍次記念館でいっしょにいっぷく「みんなで考える認知症」が行われました。

講師は公益社団法人「認知症の人と家族の会」の等々力務先生。会場には50人前後!の方々がおいでになりました。

01

講演の内容をかいつまんで・・・。

「認知症の方の徘徊を見分けるポイント」

・季節外れの服装をしている。

・信号を無視したり、車道を歩いている

(こんな時間にこんな場所で)

・はだしや履物が左右で違っている

・きょろきょろしながら同じところを歩き続ける

・公園やバス停で長時間座り続けている

「認知症の人への関わり方」

●優しさをシャワーのように注ぐ接し方

・よく話を聞く

・積極的に笑顔で話しかける

・よく褒める

・優しく触れる

・自分が大切に思われていることを相手に伝わるようにする

など、具体的なことも踏まえてわかりやすい講義が続き、最後はおなじみの「ボケます小唄」「ボケない小唄」です。

「ボケます小唄」

何もしないで ぼんやりと

テレビばかりを 見ていると

のんきなようでも 歳を取り

いつか知らずに ボケますよ

仲間がいないで 一人だけ

いつもすること ない人は

夢も希望も 逃げてゆく

歳をとらずに ボケますよ

お酒も旅行も 嫌いです

歌も踊りも 大嫌い

お金とストレス 貯める人

ひとの二倍も ボケますよ

「ボケない小唄」

風邪をひかずに 転ばずに

笑い忘れず よくしゃべり

頭と足腰  使う人

元気ある人 ボケません

スポーツ カラオケ 囲碁 俳句

興味ある人 味もある

異性に関心 持ちながら

色気ある人 ボケません

歳をとっても 白髪でも

頭禿げても まだ若い

演歌歌って アンコール

生きがいある人 ボケません

02

等々力務先生、ありがとうございました!

81pdjsgv6kl

91e9j1yayl_2

t.k


2016年11月17日 (木)

いいだ保育園の園児たち、かもしか病院に来たよ!

ハクチョウが来て福島県只見町からお客様が来て中村鷹丸劇団が来ておぎぼり保育園の園児たちが来て粟ヶ岳に冬が来てあらさわ保育園の園児たちが来て

今度はいいだ保育園のみんなが来たよ!

11/9でした。

01

今回嬉しかったのは、園児のみんなが待機している講堂にお客さんがいらっしゃったことです。

かもしか病院に入院されて、リハビリテーション室に向かうご利用者の方々です。

02

05

08

園児のみんなは物怖じせずに、自らご利用者に握手。みんな本当にありがとう!

年長さんの鼓隊の演奏です。

09

演奏が佳境に入ると「ぐっ」と縮まります。これが大盛り上がり。

11

年中さんの可愛らしい演技。もうメロメロです。

13

12

14

いいだ保育園のみなさん、本当にありがとうございました!

15

t.k

2016年11月15日 (火)

11/20 「いっしょにいっぷく」 今回は「みんなで考える認知症」

既に何度か開催されていますが、ご自宅で介護をされている方、将来介護が心配な方、介護について相談されたい方など幅広くご参加いただけます。

今回のテーマは、

「みんなで考える認知症」

今回、会員数1万1千人を超える全国的な組織、公益社団法人「認知症の人と家族の会」から講師をお招きし、講演して頂きます。

講師 等々力 務 氏 

主な著書「誰も書かなかった認知症の話」「認知症になっても心は生きている」など

81pdjsgv6kl_2

91e9j1yayl

認知症の方を介護しているご家族は、毎日大変な思いをされているのではないでしょうか。もしかしたら認知症についてもっと知ることで、日々の「気持ち」が楽になるかもしれません。

当日は講師の等々力さんや職員に気軽に相談できます。この機会にぜひご参加ください。

■日時:11月20日(日) 13:30から15:00

■場所:漢学の里 諸橋轍次記念館 2階研修室 三条市庭月434-1

(お問合せは下記となります。諸橋轍次記念館へのお問合せはお控えください)

※事前のお申込みは不要です。

※参加費は無料です。

※送迎が必要な方はご相談ください(下田地区)。詳細は下記電話番号にお問い合わせください。

■お問合せ先

0256-41-3810 介護老人保健施設いっぷく 事務長 五十嵐 

1_2

t.k

2016年11月 9日 (水)

あらさわ保育園の園児たち、かもしか病院に来たよ!

ハクチョウが来て福島県只見町からお客様が来て中村鷹丸劇団が来ておぎぼり保育園の園児たちが来て粟ヶ岳に冬が来て 

今度はあらさわ保育園の園児たちがかもしか病院に来たよ!

10/28でした。

Dscf2570_2

Dscf2577

慣れない場所に少し緊張気味の子もいましたが、すぐに慣れたようです。

Dscf2582

これをリラックスといわずなんというのでしょうか(笑)。

Dscf2588

病院職員と変顔対決です。

Dscf2609

いざ遊戯が始まると真剣そのもの。よさこいです。

Dscf2640

荒々しいけど、猛烈に可愛いよさこい。

Dscf2651

年長さんの鼓隊です。

Dscf2674

最後にご利用者との握手会。

Dscf2708

Dscf2724

Dscf2735

Img_0719

知らない場所で普段見る機会がない車いすや機械などがたくさんある病院で、みんな元気にそして握手ではフレンドリーに高齢者に接してくれました。

ご利用者のなかには感極まって涙する方、園児の手を話さない方などおり、私の涙腺も崩壊寸前。

Dscf2758

あらさわ保育園のみなさん、本当にありがとうございました!

帰りは怪人がお見送り。

Dscf2844

早く逃げて~。

t.k

2016年11月 4日 (金)

いっぷく食堂11月のメニュー

いっぷく食堂11月のメニューです。

20161101163422_00001

そしてこれが今日提供されたはずの味噌マーボー麵。

14947692_696692797154832_8421422556

是非お立ち寄りください!
t.k

2016年10月28日 (金)

おぎぼり保育園の園児たち、来たよ!

ハクチョウが来て福島県只見町からお客様が来て中村鷹丸劇団が来て、今度はおぎぼり保育園の園児たちがかもしか病院に来たよ!

敬老会ということで、社会福祉法人しただの「おぎぼり保育園」の園児たちがかもしか病院にいらっしゃいました。

01


さっそくカメラを見つけてピース。なんと可愛らしい。

かもしか病院の講堂で出番を待つところに、かもしか病院の院長で社会福祉法人しただの理事長でもある北澤が顔を出しました。

「注射、打つ人~」

「やだ~!!」

どんな会話なんでしょうか。

02

いよいよ、出番です。病棟に上がって準備を待ちます。

03

出番です!

04

いくつかお遊戯を披露して頂きましたが、こんな歌を歌ってくれました。

「100まで生きたらいいだろな
大きなケーキにろうそくを 100本立てて食べるんだ
どんどん大きくなるからね そのうち必ず追いつくよ
おばあちゃんもおじいちゃんも元気にまって い~て~ね~」

05

06

職員がご利用者とこんな会話を。

職員「90年前、思い出しましたか?」

ご利用者「私がねぇ、こんな年のころはぼろっぼろの着物着て駆けてたわ、ほんとにいいねえ」

涙を流されていた方、何人かいらっしゃいました。

07

託児所ほのぼのの子供たちも見学。お姉さんたちに興味津々。

08

09

11

おぎぼり保育園の園児のみなさん先生方、本当にありがとうございました!!!!

t.k

2016年10月27日 (木)

中村鷹丸劇団、来たよ!

ハクチョウが来て福島県只見町からお客様が来て、今度は中村鷹丸劇団が来たよ!

これは年1回、大衆演劇を医療法人社団しただ医療法人社団しただと社会福祉法人しただでお招きしているのですが、今回は「中村鷹丸劇団」。

10/19にいらっしゃいまして、午前と午後の2回、特別養護老人ホームいっぷくにある地域交流スペースで、夕方にかもしか病院のリハビリテーション室で公演が行われました。

02

近隣の方々もお集まり頂き、もう熱気むんむん。待ちきれない施設ご利用者から、始まる前からいろんな声がかかっていました。

妖艶なお姿で登場です。

01

03

06

かもしか病院での公演です。

04

05

劇団の方々が客席を回る際は、感極まり涙を流す施設ご利用者もいらっしゃいました。

中村鷹丸劇団の皆様、ありがとうございました!

中村鷹丸劇団

http://takaweb.jimdo.com/

http://ameblo.jp/diaskage/

写真T.M / T.K テキスト T.K