法人サイト

フォトアルバム
Powered by Six Apart

2017年7月27日 (木)

2017 いっぷく2番館祭り開催

先日行われた、介護老人保健施設いっぷく2番館の「いっぷく2番館祭り」のレポートが来ました。

介護老人保健施設いっぷく2番館は三条市のJR帯織駅目の前にある施設です。

当日は結構な人出だったようで、朝から次々とお客様が。

01

02

開会の挨拶と思われましたが、妙なお方が現れました。。。

03

怪しい。怪しすぎます。夜道で会ったら間違いなく逃げます。

04_2

05

理事長の北澤です。これなら夜道で会っても周辺が明るくなるので幸いです。逃げる必要はありません。良かった!

最初はあいあい保育園の皆さん。か、か、可愛らしい!!

17

次は栄中学吹奏楽部の皆さん。準備の時間に現れたのは司会の方。

目立つ!

06

栄中学吹奏楽部の皆さんの迫力満点の演奏です!

07

08

施設内、結構な人出。ありがたい限りです。

09

10_2

フラ・ナウパカのみなさんのフラダンス。一瞬にして2番館が南国リゾートへ!

12

14

そしてとりを務めるのはまたしても被り物。被り物、好きですね~。

2番館職員有志のバンド「じゃがいも」です。ボーカルは事務長の奥山。

555

可愛いピンクウサギ?さんが座っているのはカホンという打楽器。彼女はリハビリテーションスタッフで、理学療法士です。

9999999

16

ギターは一部からイケメンと評される相談員のt君。残念ながら既婚者です。

アコースティックギターの言語聴覚士である彼氏もまた残念ながらイケメンと言われています。敵です。

(ちなみに下に入るリクルートサイトのバナーの写真はこのお二人)

今回もみなさんのおかげで楽しい2番館祭りになりました。

ご支援頂いた協力会社の皆様、本当にありがとうございました!

t.k

-----------------------------------------------------------

医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2017年7月21日 (金)

三条市立森町小学校のみんなが来てくれたよ!介護老人保健施設いっぷく

先日、三条市立森町小学校に介護老人保健施設いっぷくのご利用者がお呼ばれしました。そのようすはこちら

今度はその森町小学校のみんなが介護老人保健施設いっぷくに遊びに来てくれました!

01

これは折り紙の様子。

02

04

05

06

かるたも!

03

Img_0420

森町小学校の皆さんのおかげで楽しい時間を過ごさせて頂きました。本当にありがとうございました!

※森町小学校の児童の皆さん、当法人施設ご利用者の写真については承諾を頂いております。
児童の皆さんの名札についてはモザイクをかけさせて頂きました。

t.k

-----------------------------------------------------------

医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner03

2017年7月20日 (木)

PC解体hdd回収の基板ネットワークのクラウドファンディング

しただブログに何回も登場頂き、PCの出張解体をして頂いている「障がい者福祉サービス事業所 またたびの家」。

その様子はこちらから。

2014年12月18日 (木)

2015年8月25日 (火)

その「またたびの家」が属している「日本基板ネットワーク」。

そのお名前からすでに全国展開されて、障がい者就労支援のために、障がい者の社会参加の大きな足掛かりのために、そして環境保護のために、活動されていると思いますよね。

しかし残念ながらまだ、現在は新潟と大阪を中心に、全国10の都府県に限られているようです。こんな有意な事業。

そこで全国展開の足掛かりの費用を「クラウドファンディング」で募っております。

0000_2

投資型でもなく融資型でもない、ほぼほぼ寄付型のクラウドファンディングですが、多様化社会の構築、地球環境への「投資」と考えればお安いものです。

障がい者就労支援事業というのは私見ですが、事業のための事業に陥りがちで、社会参画に少し足らない事業が多いいような気がします

この事業は違いますよ!。この社会になくてはならない事業と思います。

皆さまいかがでしょうか。

リンクはこちらです。

私?本日ポチリますよ!

※このブログの運営元である医療法人社団しただは、このクラウドファンディングの金銭の媒介に関与しません。ご了承ください。

T.K

----------------------------------------------------

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner01

2017年7月13日 (木)

三条市立森町小学校にお呼ばれしたよ!:介護老人保健施設いっぷく

お年寄りと子どもの交流が、お互いに計り知れない効果を生むとされています。

同世代で閉じこもりがちなお年寄りは子どもたちと触れ合うことでいつもは見られない笑顔が見られ、子どもたちは「世代理解意識」が育まれるという研究もあります。

また、お年寄りと子どもが共に可能な運動をした際はお年寄り・子どもとも単独で運動したときの心拍数より、共に行ったときの心拍数が上昇したという研究も。

都心部では最近、介護施設と保育園が併設された幼老複合施設、高齢者施設併設保育所などもでき始めました。

いいことだらけなんですよ。

先日、「三条市立森町小学校」に介護老人保健施設いっぷくのご利用者がお邪魔しました。
その様子の写真が届きました。

最初の写真は教室での受付のようなものでしょうか。

02

それから、教室でのゲーム。

01

レポートも来ています。


 森町小児童の待つ小学校へ向かい、教室で遊んだり体育館では運動会のように体を動かしました。
体育館でのレクリエーションは感動ものでした。

03

車いすで楽しめる「玉入れ」もあり、施設では楽しむことができないレクリエーションを児童の皆さんと一緒に楽しむことができてご利用者の皆さんも大喜びでした。

 

04

「ほうきゴルフ」は児童の皆さんによる手作りの道具が用意されていて、打面の大きなパターは誰でもが使いやすく考え抜かれたユニバーサルデザインです。

t.m


三条市立森町小学校の皆さん、本当にありがとうございました。
しかし!!!これで終わりではないのです。なんと!森町小学校のみんなが介護老人保健施設いっぷくに遊びに来てくれたのです!!

その様子は後日!

t.k

 

 

Banner03

2017年7月10日 (月)

いっぷく2番館祭り、開催です!

今度の16日(日)、三条市栄地区にある「介護老人保健施設いっぷく2番館」で「第10回いっぷく2番館祭り」が行われます。

20170710170835_00001

一般の方々も入場できます!

出店、でますよ!!

フランクフルト /焼きそば /おこわ /こんにゃく /飲み物 みんな無料です!もちろん品切れの際はご容赦くださいませ。
 
帯織駅目の前、徒歩2分!
※駐車場に限りがあります。目の前、jr帯織駅ですのでたまには電車でおいでになっても楽しいかも?

是非ともおいで下さい!!

20170710181238_00001

お問い合わせ先:0256-45-0380 介護老人保健施設いっぷく2番館
 
T.K

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03

2017年7月 6日 (木)

2017 かもしか病院にハクセキレイの巣

先日の豪雨は水害を体験している身としては怖かったですね。三条地域の方々も同じ思いだと思われます。
このブログで投稿した写真を、ケンオードットコムさんに転載して頂いたのですが、おかげでこのブログのアクセス数がすごいことになりました・・・。

当法人には今回の大雨での被害はありませんでした。


かもしか病院の病棟スタッフから「野鳥が巣を作っていますよ!」という連絡が。
さっそく。

01

OH!お母さんか、お父さんか、頑張って卵を温めております。なんかこっち見てるな~と思いましたら、警戒しているわけです。巣の周りを困ったように飛び回っていました。ごめんさい。

そのすきに巣の中の卵も。

02

2個?3個?

自然豊かな下田の里山の一コマです。

ハクセキレイはこのページに詳しいことが載っています。

そしてここは2階なのですが、彼もまた困ったような顔をしていました。帰れればいいのですが。

03

T.K


医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03

2017年7月 3日 (月)

2017/07/03 8:20現在 市道やまなみロードの様子

大雨の影響で、7/3 8:20現在、下田地域を走る市道やまなみロードが一部通行できない状況です。

写真は荒沢地区です。

02

01

写真はありませんが、道路の半分を塞ぐ土砂崩れもありました。

ここにたどり着く前にはその土砂崩れがなかったのですが、写真一枚目の冠水で戻る際までの短時間で発生したため、結構焦りました。

皆さま十分お気を付けください。

t.k

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03

2017年6月27日 (火)

PCの出張解体 「障がい者福祉サービス事業所 またたびの家」

我々医療法人で使用するPCなどには個人情報が満載です。PCを廃棄する際には慎重にならざる得ません。個人情報が漏れてしまったらそりゃ大変ですから・・。

HDDに残ったデータを消去するには専用のソフトがあるのですが、とにかく時間が掛かります。1台40~60分。やってられません。

一番有効なのは、HDDを引きずり出して分解し、HDDに傷をつけることです。外部の専門会社にはそれを引き受けてくれるところもありますが、結局我々の事業所外で解体/HDDクラッシュを行うわけで、100%安心ではないのです・・・。

魚沼の須原から来ていただいている「障がい者福祉サービス事業所 またたびの家」。
このPCからHDDを引きずり出して、そのデータを読み出せなくし、さらにそのPCもろとも引き取って頂けるのです。無料で。

過去2回来ていただいていますが、それがこちらこちら

01

今回はPCが28台、ネットワークドライブが12台。これを私一人でするのは大変です。

最初にPC本体からHDDを取り外します。これが結構大変なんです、というのもメーカーごとに取り出し方が違うからです。

02

03

しかし!前に来ていただいた時よりなんだか速い!凄くスピーディーに作業をこなします。

05

作業を取り仕切る大桃さんに聞いてみました。

「どちらのブランドのPCが取り出しずらいですか?」

「うふふふふふ~、sonyとappleでしょうかね、かっこいいですからね~」

どうやらカッコイイPCはめんどくさいようです、デザインは解体効率を考慮してくれないようです。

そしてHDDを開封し、ディスクに傷をつけてデータを読み込めない様にする作業です。

10

そしてこのように、データは復元されないようになるのです。赤丸で囲ったところが致命的な傷が付いた箇所。
そもそも開封した時点でデータの復元率は猛烈に低くなるのですが。

08

081

こうしてPC28台ネットワークドライブ12台が解体、データ消去作業されたのですが、とにかく速かったです。過去の作業から考えると朝9:30から始まり14:00ぐらいまでかかるかな?と考えていましたが概ね終了したのは11:30ごろ。
もはや職人です。

そしてこれらを持ち帰られて貴金属、その他金属、プラスチック等々に分別されて収益を得られるのですが、今回のケースだとほぼすべてのものがリサイクルに回されるそうです。素敵!

今回は本当にありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします!

099

t.k

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03

2017年6月19日 (月)

6/15 認知症カフェ カフェでいっぷく

6/15に行われた「認知症カフェ」のレポートが送られてきました。

-------------------------------------------

今回は30名の方が参加されました。

第一部はスポーツマネジメントやコンサルティング支援、高齢者や障がい者向けスポーツサービスの提供をされている、「株式会社リーフラス」さんが行う「脳活性化運動」です。

01



参加のみなさんの自己紹介、そして昨晩の夕食のお聞きすることから始まりました。これは記憶力に関するゲームですね。一巡した後に他の方の夕食を当てるクイズも!

02

その後肩こり解消の運動などした後に、二人一組の運動を行いました。

2人で2種類の布を4枚持ち、それを2人で受け渡しながらぐるぐる回します。インストラクターの方の指示で右回り左回り等変化させるのですが、思った以上にこれが難しい。

このような体操や運動で脳の活性化が図られるそうです。みなさん楽しそうでした。


第二部は元浅草芸人 縁竹縄さんによる歌声喫茶。

04_2

「高校三年生」「上を向いて歩こう」などなじみ深いものを7曲。

歌の選曲は、120曲あるレパートリーから参加者の皆さんから選んでもらいました。

-------------------------------------------------

※実はこの後縁竹縄さんにロングインタビューを敢行しました。
その様子はまた後日。。。

※またこれが縁竹縄さんから届いた、「えんたけ新聞」!!

19369258_1461081537317142_582749719

リーフラスの皆さん、縁竹縄さん本当にありがとうございました。

N.I  T.K

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03

   

2017年6月 6日 (火)

認知症カフェ「カフェでいっぷく」6/15

「認知症カフェ カフェでいっぷく」。今回は社会福祉法人しただが主幹の開催です。



過去何回か開催しましたが、改めて「認知症カフェ」とはなんぞや。

認知症になると、外出先での失敗経験が不安になったり、周囲への遠慮、不安が外出したい気持ちを抑えてしまう、などから外出そのものが嫌になってしまうらしいのです。

また周りのご家族も本人に外出をすすめてみてはみるものの、なかなか無理強いはできなく・・・。そして認知症の家族を抱えることでつらい気持ちをかかえてしまう。

こんな状況を少しでも和らげようと、認知症のご本人とその家族の方々が集まることができる「認知症カフェ」という場を設ける試みが世界各国で行われているそうです。  


認知症の方とご家族、また認知症に関心がある方、どなたでも気軽に参加できます。
みんなで心が軽くなって、より良い介護をするのが目的です。

今回は気合が入っています。

・三条が誇る、「えんたけ芸能社」所属 「縁竹縄さんオンステージ」

・「リーフラスさん」の認知症予防体操

お申し込み先:0256-41-3322(特別養護老人ホームいっぷく)

お待ちしております!

20170606161418_00001

t.k

2017年4月24日 (月)

桜並木の目のまえで♪

雲のない真っ青な空が広がった4/24月曜日。
何かいいことがありそうな最高な青空のもと、三条市下田地区の介護老人保健施設いっぷくでは、リハビリ職員がご利用者と一緒に外でリハビリ体操を始めていました。

Img_0004a

風も無く、ただただ気持ちのいいこんな日は、屋内に居ちゃぁもったいない!いっぷくの桜は今が満開だしーー。。。

Img_0007a

Img_0008a

なんとも気持ちのいい光景です。

T.M

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03

2017年4月17日 (月)

医療法人社団しただ リクルートwebサイトup

このほど、医療法人社団しただのリクルートサイトが完成しました。

当法人に就職を希望される方に少しでも親しんでいただくことが目的です。
職員のインタビューと、世間一般で少し誤解
されている介護職の「ホントのところ」を介護主任と総務部長の対談でお伝えしています。

ぜひご覧ください。

http://www.shitada.jp/recruit/index.html

Top_2

001

職員のインタビューが6人。そして誤解があるといわれる、介護職、しただではどうなの?という、介護主任と総務部長の対談です。

002

ホームページhttp://www.shitada.jp/からも入れます。

以下の画像からも直接入れます。

Banner03

Banner03

Banner03

こちらを見て医療法人社団しただでのお仕事、興味を持たれた方はぜひお電話ください。

総務部:担当 峰村大竹 0256-46-0452

t.k

2017年4月 3日 (月)

2017年4月3日入社式

本日、医療法人社団しただ/社会福祉法人しただの入社式がかもしか病院にて執り行われました。

Img_0992

理事長北澤の挨拶です。「一寸先は光」というお話です。

01

新入職員として宇佐美さんが代表で辞令を受け取りました。

02

03_2

入学式は過去何回も経験され、もしかしたら今後、専門学校や大学などに入りなおす際に入学式を経験されるかもしれません。

しかし、「入社式」は一生に一回なんですよね。中途入社の方に入社式ってあまり聞きません。今日というこの日のご自分のお気持ちを大切にしてください。

t.k

医療法人社団しただ リクルート特設サイト

Banner03



2017年3月15日 (水)

3/9「にいがた就職応援団 就職縁日」

3/9に「にいがた就職応援団 就職縁日」というガイダンスが新潟市の朱鷺メッセで行われました。

参加企業、232社!!

その様子が担当者からきました!
-------------------------------------------------------

01_2

3月1日から2018卒の就職活動が解禁されました。

医療法人社団しただの、採用担当の我々も合同企業説明会に出展です。

今回モバイルプロジェクターなどの新武装を拵えての参加です。
ようやくこれで他社に引けを取らない華やかな装飾となりました!

当日はたくさんの方にブースに訪れて頂きました。本当にありがとうございました!

02

I.M

----------------------------------------------------

実は我々のホームページもリクルート用の追加コンテンツを鋭意制作中です。その一部、お見せします。

(これはまだ画像なのでリンクされていません)

03

イケメンと言われる二人。さわやかであります。

完成しましたらここでもご連絡します。

T.K

2017年1月24日 (火)

介護老人保健施設いっぷく 安全運転講習会

私たちの施設には、デイケアサービスやショートステイなどのサービスのためにハイエースやキャラバンなど大き目の送迎車両がたくさんあります。その車両を用いての講習会の様子が送られてきました。 

t.k


さる1月17日に介護老人保健施設いっぷくを会場として社会福祉法人しただと医療法人社団しただ合同での安全運転講習を行いました。
今回は三条警察署から講師のご協力を頂きました。
何もやましいことなど無いにもかかわらず、何故かドキドキする参加職員一同でした。

Photo

はじめに実技講習から始まったのですが、テーマは車幅感覚の確認です。
直径8mの円形に設置したパイロンの中に、進入させた車輛を切り換しして出ていくという至ってシンプルなお題に参加者の緊張は緩み、楽勝な空気が漂ったのですが・・・・

下の図がお題です。ちょうどタコ壺の中で方向転換する感じですね。

1用意された車輛は普段の送迎で使用しているものです。全長が5メートルを超えるロングボディで、最小回転半径(ハンドルを目一杯回しきった状態での回転半径)は6メートル。
この数字だけでも難易度がお分かり頂けるかと思いますが、この時点で当の参加者はこの実態にまだピンときていません。。。

Photo_2

順番が回るまでの間、外野となる参加者は好き放題にあーだこーだと分析してダメ出しを送り続けるのですが、いざ自分が実技を始めるとどんどん焦った表情へと変わりました。

つまり、結論を申し上げますと激烈に難しく、合格と言えそうな参加者は8人中2人くらいでしょうか。皆、パイロンに接触したり円の中で十数分間右往左往する状況だったのです。

普段の送迎で今回のお題のような場面に遭遇しそうなときは回避行動を取ります。ですので、ご利用される皆様はご安心ください。

しかし、乗り慣れた車輛で車幅感覚も充分に理解していると思っていても実際の距離感というか目測というものとはズレがあるものと実感することができ、大変有意義な実技講習となりました。

そして講習は後半を迎えまして室内での講義。ドライバーの責任の重さや、通り慣れた道での注意点などについてビデオを交えて学びました。

Photo_3

私たち送迎は同じ道を何度も通ることが当たり前なのですが、通る時間や天候によって状況は常に変化しているといったことを念頭に改めて気を引き締め、自分の感覚を過信せずに安全運転を誓うことができた講義でした。

今回、寒い中にもかかわらず安全運転講習にご協力いただいた三条警察署に厚く御礼申し上げます。

T.M