2019年7月16日 (火)

高齢者虐待防止の研修を行いました:いっぷく2番館

6/26に介護老人保健施設いっぷく2番館の職員を対象とした、高齢者虐待防止の研修を行いました。

 

P1250507

高齢者虐待とは、高齢者が他者からの不適切な扱いにより権利利益を侵害される状態や生命、健康、生活が損なわれる状態に置かれることをいいます。(厚生労働省マニュアルより)

身体的虐待、介護・世話の放棄・放任、心理的虐待、性的虐待、経済的虐待があります。

 

研修では高齢者への虐待を取り上げた新聞記事をもとに、高齢者虐待の実態を学びました。

 

P1250506

また「虐待の芽チェックリスト」※をもとに、虐待の芽や不適切ケアを自己チェックし、日々の振り返りの時間となりました。

※(公財)東京福祉保健財団高齢者権利擁護支援センター作成

 

P1250128

後半では日本看護協会倫理綱領の職業倫理部分について学びました。

倫理とは、仲間の間での決まりごとや守べき秩序をいいます。

医療倫理の4原則(患者の自律性の尊重、患者に害をなさない、患者の利益の追求、正義・公正)について、看護職員だけでなく介護、リハビリなどそれぞれ自分の職種に置き換えたうえで再確認しました。

 

研修に参加した職員からは、「虐待の事例について周りの職員と話し合い意見を共有して虐待について深く知る事が出来た」「医療倫理についてどのようなものなのか理解できた。ご利用者に寄り添える介護をしたい」といった感想が聞かれました。

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画

2019年7月11日 (木)

三条市立笹岡小学校の1、2年生がいっぷくへ!

6/25に三条市立笹岡小学校の1、2年生の17名が介護老人保健施設いっぷくに来てくれました。

6月よりおよそ1~2週間に1回のペースで笹岡小学校、森町小学校のみなさんが来てくれ、ご利用者も職員も元気をもらっています!

P1240615

P1240631

「風のゆうびんやさん」を音読してくれたり、「ひらいた ひらいた」「メッセージ」を歌ってくれました。

ご利用者のみなさんは「あら~上手ねぇ」「まあ~かわいい~何年生かしら」と笹岡小のみなさんに釘付けです。中には既に涙しているご利用者も・・・。

その後は児童のみなさんが持参した折り紙やけん玉、福笑いで交流しました。

 

P1240841

3人で一生懸命何かを折っています。ツルでしょうか。

P1240712

「けん玉なんて出来ない、わたしは見てるだけで…」と最初は遠慮していたご利用者も、いざけん玉を手にすると椅子から立ち上がって真剣なまなざしでけん玉をなさります。

 

P1240795

職員も一緒にけん玉。そばで見ていたご利用者も「おお~」と拍手です。

 

P1240808

P1240759

「おばあちゃんもコレ(目隠し)して福笑いしよ~」と児童。

目隠しを取って出来上がったお面を見ると「何だねこれは~」とワハハ。

 

楽しい交流会もあっという間に終わってしまい、名残惜しそうなご利用者がたくさんいらしゃいました。しかしまた7月に来て下さるそうで、ご利用者の楽しみがまた一つ増えました。

P1250050

笹岡小学校のみなさん、ありがとうございました。

次回の交流会も楽しみにお待ちしています。

小澤


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2019年7月 9日 (火)

3年目研修を行いました

入職3年目の職員13名を対象とした研修を行いました。

 

研修目標:問題の捉え方、問題解決に必要な考え方を理解する

研修内容:「問題とは何か」について 講義とグループワーク

 

講師は新飯田療養部長です。

P1240397

P1240578

「問題」という言葉を普段何気なく使っていますが、その本質についてあまり考えたことはないと思います。

「問題」とは目標(あるべき姿、期待される結果)と現状(実際の姿、予期せぬ結果)のギャップ(食い違い、ズレ)です。

つまり「問題を解決する」ということは、そのギャップを埋めるということ。

仕事をする上で「問題がない」ということはないので、常に目標を持ち、それを実現したいという意識を持ち続けることが大切です。

 

P1240412

P1240409

グループワークでは、ある状況を表す絵から、その問題点と対応策を考えました。

様々な意見が出ましたが、ここでは問題を見つけようとする意識が大切であり、仕事においてもこの意識を持つことが大切であるということを学びました。

 

レポート・写真:瀧沢


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2019年6月27日 (木)

老健いっぷくで森町小の3年生と交流会

6/7、三条市立森町小学校の3年生18名が介護老人保健施設いっぷくを訪れ、2階にいらっしゃる入所ご利用者と交流会を行いました。

5/24(森町小の3年生が老健いっぷくを施設見学!)は児童のみなさんに施設やご利用者の様子を見ていただき、交流会でどのような遊びをするのか考えていただきました。

初回の交流会、どんな交流会になったのでしょうか。

P1240018_2

まずはご利用者の前に並んで「大谷地(住んでいる地名)の〇〇(名前)です。好きな食べ物はいちごです」といったように、1名ずつ自己紹介をしていただきました。

地名を聞くと親しみを感じるのでしょうか。ご利用者のみなさんに「おお~」「うんうん」といった反応が。

P1240029_2

「茶摘み」や「ずいずいずっころばし」を歌ってくれたり、

鍵盤ハーモニカで「かえるの歌」や「かっこう」を演奏してくれました。

どれもご利用者のみなさんには馴染みのある歌ばかり。

懐かしそうに口ずさんだり、歌に合わせて職員と手遊びをするご利用者もいらっしゃいました。早くもご利用者のハートを鷲掴みです!

 

P1240058_2

P1240125_2

P1240082_2
P1240138_2

児童のみなさんが用意してれた影絵やボールやお手玉を使った遊びなどを楽しみました。

「どこに入れればいいんだね?」

「どこでもいいけど、ここが一番得点高いからこの辺から転がしてみて!」

「これは何点らね?」

「200点!やった~」

とご利用者と児童のみなさんも盛り上がっていました。

 

P1240191_2

P1240199_2

P1240216_2

最後は握手をして「今日はありがとね」「次はいつ来るんだね?」「また来てね」と言ってお別れしました。

 

森町小学校のみなさん、この度はありがとうございました。

次回の交流会も楽しみにお待ちしています。

小澤


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2019年6月25日 (火)

かもしか病院に絵画を寄贈していただきました

この度、かもしか病院に絵画2点が寄贈されました。

 P1230247

P1230248

寄贈してくださったのは、かもしか病院のご利用者であった塩原勲様のご家人です。

塩原様は美容師を50年続ける傍ら、趣味で彫刻や絵画の制作に熱心に取り組まれ、

三条市美術展などで数々の賞を受賞されたそうです。

 

寄贈していただいた作品は、第8回三条市美術展に出品、優秀賞を受賞された作品です。

 

02_2

01

P1230243

作品名は「魚」。雅号は「北原雅夫」。

※画家などが本名の他につける名前のこと。

 P1230357_2

他にも魚を描いた作品を寄贈してくださいました。

塩原様は魚が好きで、特に釣りが趣味だという息子さんが釣ってくる魚を食べることが楽しみだったそうです。

 

当時、塩原様の担当医師であった北澤先生が「いつか病院で塩原さんの絵が見れるといいなぁ」と言っていたことをご家人が覚えていてくださり、塩原様がお亡くなりになった後、ご家人により寄贈されました。

P1230367

P1230365

油絵ですので、遠くから作品を眺めるのも楽しいですが、

近くで見ると絵の具の凹凸が随所に見られ、細やかな筆遣いを見て楽しめます。

 

作品はかもしか病院の正面玄関を入って左の廊下に展示させていただきました。

ご来院の際はぜひご覧ください。

 

塩原様、この度は素敵な作品をご寄贈いただきまして本当にありがとうございました。

小澤


かもしか病院リクルートサイト

Banner01

2019年6月21日 (金)

老健いっぷくで特別な食事

6/7、介護老人保健施設いっぷくでは特別な食事をお出ししました。

※希望される方のみ。別途216円を頂いております。

今年度初の特別な食事。気になる献立はというと・・・

 

P1240276

おはぎ、すまし汁、天ぷらの盛り合わせ、おひたし、あじさいゼリーです。

栄養課職員が食事中のご利用者の元へ行くと・・・

P1240235

「おめさんいいとこに来たね~。このおはぎ、ばかうんめっけおめさんにもやるて!」

「わたしはいいの!仕事中につまみ食いはできないよ~」とまるでおばあちゃんとお孫さんのやり取りのようでした。

 

P1240247

「きょうのお昼どうですか?」

「俺はおはぎより普通のご飯の方がいいね」

「〇〇さん、いつも反対の事言うよね、おはぎ美味しかったんだね」

「ふふ」

 

P1240268

P1240232

ご利用者のみなさんからは

・昔よく家で作ったおはぎが食べられてよかった

・天ぷらがサクサク、えび天もあって嬉しい、とにかく豪華!

といった感想が沢山聞かれました。

 

特別な食事の取材を終えたあと厨房へ。

「ご利用者のみなさんの反応、どうでしたか??」と少し心配そうな表情を浮かべていたのは、日本フードリンクの日下部店長。

私が「“天ぷらが豪華!おはぎもうまい!”と嬉しそうに召し上がってました」と報告すると

よかったよかった、と胸をなでおろしておりました。

P1240304_2

日下部店長より「長いこと田舎に住んでおられるお年寄りには、洋食のようなハイカラな献立よりも、ぜんまいなど地ものを使った献立や郷土料理をお出しする方が喜ばれるようです。

ゴマのおはぎでは、ゴマが飛び散らないように見た目にも気を使いました。

今回は本部の社員も助っ人で来たんですよ。彼が揚げる天ぷらは絶品だと好評です!」

とコメントを頂きました。

 

日本フードリンクさん、いつも美味しい食事をありがとうございます。

今年度の特別な食事はあと3回。またその都度レポートしたいと思います。

小澤


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2019年6月18日 (火)

景勝八木ヶ鼻を望みながらお茶会:老健いっぷく

6/6、介護老人保健施設いっぷくでは、普段なかなかお外に出る機会のない

入所されているご利用者約20名をお連れして八木ヶ鼻オートキャンプ場へおでかけツアーに行ってきました。

P1230626

駐車場の一画にテントを張りました。

前日の夜に雨が降り、当日の朝も曇りと少し肌寒いお天気でしたが

ご利用者のみなさんが到着する頃には晴れ間も見え始めてきました。

 

P1230634

P1230643

ご利用者を乗せた送迎車両4台が続々とやってきて、ご利用者がテントに大集合。

「八木ヶ鼻がよく見えるいい場所ら」「今日は何するんだね?」「ちっと肌寒いろも外はいいもんらね」という嬉しい感想を早速頂きました。

 

P1230658

まずは緑茶で乾杯。お茶会のスタートです。

「普段飲んでるお茶と違うの、分かるかな?」

「うん、今日のお茶はばかうんめ。高級茶らかね?」という職員とご利用者の会話も聞こえてきます。

 

P1230701

ここでシューアイスの登場です。

「〇〇さんアイス好きだったよね」「普段シューアイスなんて出ないもんね、珍しいよね」と職員。

当施設の行事でシューアイスをお出しすることがあるのですが、毎回ものすごいスピードで完食されるので、取材に行くと毎回びっくりしてしまいます。

 

最後はご利用者のみなさん、職員で八木ヶ鼻を背に集合写真も撮りました。

(事情があってブログに載せられないのですが、みなさん笑顔で手を上げたりピースをしたりととっても素敵な写真が撮れました!)

 

P1230724

ご利用者同士で地域のお話や、下田にかつて沢山あった「炭焼き小屋」などの昔話にも

花が咲き、笑いが絶えないお出かけツアーとなりました。

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画

2019年6月17日 (月)

いっぷく卒業セレモニー開催:老健いっぷく

5/30に介護老人保健施設いっぷくのデイケアサービスで、ご利用者Yさんの「いっぷく卒業セレモニー」が行われました。

Yさんが「いっぷくを卒業することになったら卒業式をしてほしい」と仰っていたことを職員が覚えており、この度晴れて卒業セレモニー開催に至りました。

 

P1230372

スタッフルームに行ってみると「見て~!Yさんの賞状作ったの~。額縁にも入れたよ。きっと喜んでくれると思う!」と職員。早くもお祝いムード一色です。

どなたが賞状を渡すのか聞いたところ、施設長が不在のため、急遽リハビリ課課長の本田さんが当施設を代表してYさんに賞状をお渡しすることになったそう。

 

P1230383

「本当に俺でいいのかな~。すっごい緊張する~!」と本田さん。

「何言ってんのよ~適任じゃない!ていうか全然緊張しているように見えないけど!アッハッハ!」と後ろの方で女性職員。職員も大盛り上がりです。

 

P1230382

P1230392

P1230430

卒業セレモニーはデイケアサービスのご利用者が集まるデイルームにて執り行われました。

しんみりしたムードは全くなく、馴染みのご利用者や職員の笑顔、大きな拍手、時々笑い声に囲まれた大変和やかな卒業セレモニーとなりました。

 

P1230454

ご自宅にお送りする前の一コマ。ご自分の足でしっかりと歩き玄関に向かわれました。

リハビリテーションを頑張ってこられた賜物ですね!

職員は「Yさんまたね~。バイバイ!」「わたし通勤のとき毎日Yさんちの前通るからさ、8時10分くらいになったらお外出ててよ~」「卒業してもまた遊びに来てくださいね」

と会話を交わしてお見送りしました。

 

Yさんについて支援相談員の味田さんにお話を伺いました。

------------------

利用当初から関わらせていただいた職員は「内向的で年齢よりもずっとお年に見えた印象だった」と言います。

ご病気により61歳で当デイケアサービスの利用を開始しました。当時は意欲の低下や食欲不振、周りへの関心も薄れていたようでした。

ご家族からも利用に際し「本人は否定的で文句も言うかもしれませんがよろしくお願いします」とのことでした。

そして9年という歳月が流れ、今回の介護保険の更新においてご本人、ご家族の希望にて

介護保険の更新はせず、ご自宅で頑張ってみるとのお話を担当ケアマネジャーさんからお聞きしました。

 

ご本人の現在のデイケアサービスでのご様子ですが、自主的にプログラムをこなし、脳トレ用のプリントの活動では同席の方にアドバイスをされたり、

ご利用者様からも「師匠、先生」などと呼ばれている様子を何度となく拝見したことがあります。穏やかに過ごされるなかでご本人も卒業の決断をされたのだと感じました。

-------------------

Yさん、この度はデイケアサービスご卒業おめでとうございました。

これからも変わらず元気にお過ごしください。

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画

2019年6月12日 (水)

老健いっぷくで西けんじさんの懐メロ歌謡ショー

5/28、介護老人保健施設いっぷくのデイケアサービスに、歌のボランティア、西けんじさんがいらっしゃいました。

 

P1230332

西さんは当施設の他にも色々な高齢者施設で懐かしの昭和の演歌や歌謡曲を歌う活動を長年なさっており、それは大変人気の歌謡ショーなのだそう。

P1230268

P1230280

懐メロ歌謡ショーは14時からスタートする予定でしたが、この時はまだ10分前。もうすでに始まっているではありませんか・・・。サービス精神旺盛な西さんです。

ご利用者のみなさんのみならず職員も西さんの歌声にうっとりと聴き入っています。

わたしも写真を撮るのを忘れて一瞬、その素敵な歌声に意識が集中してしまいました。

 

P1230316

「旅の夜風」「恋の街札幌」「なみだの操」「月よりの使者」といった、映画の主題歌となった曲や昭和の名曲をたくさん歌っていただきました。

曲にの合間にはちょっとしたトークも挟んでご利用者の笑いを誘っていました。

「俺はよく“吉幾三に似てる!”って言われる。どう?似てる?え?そうでもないって?光の当たり具合で似ているときとそうでもないときがあるんだよね~」というお話が印象的でした。

 

P1230308

P1230346

西さんの歌声に魅了されて2階や3階にいらっしゃるご利用者も1階のデイルームに降りてこられ、いつのまにか物凄い人だかりになっています!

ご利用者のみなさんからは「懐かしい歌が聴けてよかった」「思わず口ずさんでしもうた、今でも覚えてるもんらね」といった感想が寄せられました。

 

P1230312

西けんじさん、このたびは素敵な懐メロ歌謡ショーをありがとうございました。

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画

2019年6月10日 (月)

老健いっぷく、フラフープとおもちゃで脱出ゲーム

介護老人保健施設いっぷくのデイケアサービスでは、このようなアイテムを使って「脱出ゲーム」というレクリエーションをしました。

 P1230233

フラフープは100円ショップで買ったもので、職員が組み立てました。

「100均の品物は1回組み立てるとバラせないのが難点ね~」とデイケアサービスの職員。それでも安さには勝てません。

くまの風船やサイコロといったおもちゃは寄付して頂いたものだったり、足りないものはやはり100円ショップで調達した、とのこと。

 P1230119

P1230196

P1230214

ルールはとても簡単で、フラフープの中のおもちゃを8つのお手玉を使ってフラフープの外に出します。

1人1回の勝負で、何個フラフープの外におもちゃを出せたかを競います。

P1230174

P1230226

くまの風船やサイコロは比較的簡単にフラフープの外に出せるようですが、黄緑やオレンジのとげとげしいおもちゃに苦戦しているご利用者が大勢いらっしゃいました。

中には時折「このやろっ」と憎しみを込めて(?)お手玉を投げつけるご利用者も。何があったのでしょうか・・・。

 P1230086

単純にレクリエーションを楽しむ、ストレス解消とご利用者それぞれが楽しまれたように思います。

これからも職員の工夫や知恵がたくさん詰まったレクリエーションをご紹介していきたいと思います。

小澤


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner03

2019年6月 7日 (金)

老健いっぷく、シバザクラを植える

介護老人保健施設いっぷくでは3年前より環境整備の取り組みの一つとして、シバザクラを植えています。

当初より3年の計画で進めてきてられてきたこの取り組みも今年で最後の年を迎えました。

 

P1220804

P1220814

総務職員、事務職員、送迎職員の3名で約100株の苗を植えていきます。

「土が固くて穴が掘れない!」「でっかいミミズが出てきた!」

「体じゅうが痛い!疲れた!」と大変そうな声があちらこちらから聞こえてきます。。。

P1220817

車で通りかかった方も不思議そうに眺めておられます。

 P1220807

昨年、一昨年に植えたシバザクラはこのような感じで立派に花を咲かせています。

総務職員に「何年くらいで満開になりそうですか」と聞くと

「5年の予定。あくまで予定!生き物はなにがあるか分からない。子どもだって優秀な子に育てようと思ってても途中でグレちゃったりするんだし」とのこと。

P1220834

「来訪者に喜んでいただきたい」という思いから始まった取り組み。

「ちゃんと育ってくれるだろうか」「シバザクラが満開になるのが先か、俺の定年が先か…」

と不安を口にする職員もおりましたが、気長にシバザクラの成長を待ちたいものです。

小澤


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2019年6月 5日 (水)

身体拘束廃止研修を行いました:いっぷく2番館

介護老人保健施設いっぷく2番館の職員を対象に、身体拘束廃止委員会による研修が行われました。講師は介護主任の安井さん、相談員の佐藤さんです。

 

身体拘束とは、身体の行動を制限する行為のことをいいます。

例えば、自分で降りられないようにベッドを柵で囲む、手や指の機能を制限するためにミトン(鍋掴みのようなもの)を使用するなどです。

 

今回の研修では4点柵固定の解除に繋がる対応法をケアの工夫、福祉機器の活用の2つの観点から学びました。

 

P1220787

そもそもなぜ4点柵固定がいけないのか?

・ご利用者に閉じ込められているという閉塞感や不安を与え、混乱の原因になるため。

・柵を無理に乗り越えようとして、かえって転落を誘発させる恐れがあるため。

・制度で禁止と定められているため。

 

ご利用者がベッドから降りようとする原因とケアの工夫を探ることが大切で、例として

・トイレに行きたい

→排泄のパターンを把握し、時間を決めてトイレ誘導を行う。

 

・退屈、寂しい

→他のご利用者や職員と関わる機会を増やす、行事へ参加していただく。

 

が挙げられました。また、

・コールマット(ベッドから立ち上がる・歩くなどの際にマットを踏むと報知する)

・低床ベッドと衝撃緩衝マット(落下時の衝撃を緩和できる)

といったケアの工夫以外にも福祉機器の活用方法も挙げられました。

 

研修に参加した職員からは

・4点柵固定を行うことでどのような影響が起こるのかを理解できた。

・センサーマットの種類を変えたり、低床ベッドや衝撃緩衝マットを使用したりと4点柵固定を行わない方法を他の職員と相談しながら考えていきたい

といった感想が寄せられました。

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画

2019年6月 3日 (月)

森町小の3年生が老健いっぷくを施設見学!

5/24、三条市立森町小学校の3年生18名が介護老人保健施設いっぷくの施設見学に訪れました。

 今回の施設見学の目的は、介護老人保健施設いっぷくがどんな施設なのかや、ご利用者の様子から6月から始まる交流会の活動内容を検討するためです。

 介護老人保健施設いっぷくでは毎年小学生との交流行事を行っています。

昨年の様子はこちら。

「三条市立森町小学校」の3年生が介護老人保健施設いっぷくに!

森町小学校3年生、2学期も老健いっぷくへ!

森町小3年生と秋もりだくさんの交流会!

 

P1220878

3名の職員が児童のみなさんを引き連れて厨房やご利用者のいらっしゃる2階と3階を案内します。

昨年度の最後の交流会では微妙な食い違いで児童のみなさんに怒られてしまった(詳細はこちら→森町小学校、今年度最後の交流会です)ケアマネージャー今井さんも今日は打って変わってまるで学校の先生です!

P1220885

厨房では管理栄養士が「お年寄りが食べやすいように細かく刻んだ食事やとろみをつけた食事、いろいろな食事を作っているんだよ」

と説明すると興味津々に厨房の中を覗き込んでいました。

P1220910

続いて2階へ。エレベーターから降りて早々「温泉のいいにおいがする!」「ほんとだ!」とざわつきはじめます。

ご利用者が入浴中でしたが当施設は温泉ではありません・・・。

 

P1230005

P1220921

P1220936

P1220950

P1220946

ご利用者の前に一列になって挨拶したあとは、ご利用者と握手会。

ご利用者のみなさん、大変うれしそうです。中には感極まって涙してしまうご利用者も・・・。

P1230041

こちらのご利用者は大勢の児童にびっくり!傍にいた職員も「〇〇さんモテモテら~!よかったね~!」と囃し立てます。

 

P1220977

こちらも人だかりが出来ています。「え~?!104歳なの?!」「大正4年生まれ・・・?たいしょう・・・?」

児童のみなさん、なんだか分からないけどとにかく「長生きなすごいおばあちゃん」という印象でしょうか。

 P1230075

最後は会議室にて、児童からの質問に職員が答えました。

児童たちはあらかじめどのような遊びをするか考えているそうで、それが出来るかどうか判断するために

「腕はどのくらい上がりますか」「サイコロは振れますか」といったご利用者の身体に関する質問が多く寄せられました。

P1230082

森町小学校のみなさん、ありがとうございました。

6月からの交流会、楽しみにしています。

小澤


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

2019年5月29日 (水)

老健いっぷく、昔を思い出して・・・田植えゲーム

下田地区も田植えが終わり、美しい田園風景が見られる季節となりました。

介護老人保健施設いっぷくのデイケアサービスでは田植えにちなんだレクリエーション「田植えゲーム」をしました。ここで、前回ご紹介した職員お手製のレク用品が登場!

2チームに分かれて、どちらが多く苗を植えられるか競います。

 P1220332

「おら耳が遠いすけ説明が聞こえねてば~」と言うご利用者もいらっしゃったので職員がお手本を見せます。「若い職員に負けてられない・・・!」と闘争心を燃やす職員。

 P1220429

職員が助っ人としてサポートする場面も。

遠慮しがちなご利用者も、職員と一緒なら「どれどれ・・・」といったように参加してくださいます。

P1220465

「何本植えられたかな」と本数を数えるのもドキドキです。

 

P1220449

その横ではご利用者と職員がかかしの真似をして楽しんでいたりと、自由な雰囲気が伝わってきます。

 

P1220353_2

P1220367

P1220419

ご利用者からは「昔自分ちで田んぼやってたっけ懐かしいて~」「うちは田んぼもないし田植えもしたことないろも楽しい」といったような田植えにまつわるお話も伺うことができ、和やかで楽しいレクリエーションとなりました。

小澤



YouTube: 医療法人社団しただ/社会福祉法人しただ 企業紹介動画

2019年5月27日 (月)

工夫がたくさん!老健いっぷくのレク用品ご紹介

みなさんはお菓子の空き箱や飲み終わったペットボトルをどうしていますか?

おそらくリサイクルごみとして処分する方が多いのではないでしょうか。

普通なら捨ててしまうような物でも、ご利用者のみなさんに楽しんでいただくための道具へと変身させる介護老人保健施設いっぷく。

 

今回は、デイケアサービスのレクリエーション「田植えゲーム」で使われたレク用品を紹介したいと思います。

以下、介護老人保健施設いっぷくの支援相談員 味田さんからのレポートです。


P1220845

P1220848

P1220850_2

デイケアサービスのレク用品は手作りがかなりの割合を占めています。

例えばラップの芯、ペットボトル、スイーツの空いたカップ、牛乳パックなどなど。

ご利用者のみなさんにもレクの際に「これは何で出来ているとおもいますか?」と質問して想像力を膨らませてもらいます。

 

今回の田植えゲームは、お菓子などの空き箱を田んぼに見立てました。そして苗は・・・。

ゴルフのティーを使い、その周りを料理の盛り付けに使うバランを巻き付けて作りました。

段ボールに穴を開けそこに苗に見立てたティーをさして数を競うわけですが、

ティーの硬さがちょうどよく段ボールにささりスムーズに田植えができました。

 

参加したご利用者のみなさんからは「また田植えができたようでよかった。今年は良い米ができるぞ!」と嬉しいお言葉をいただきました。


今回のレク用品はデイケアサービスの職員 佐藤さんによるものです。

田植えゲームの様子は後日です。

小澤


医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01