法人サイト

フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 介護老人保健施設いっぷくで避難訓練を行いました | メイン | 三条の「ご用聞き笑店街」について、もっと聞いてみました »

2018年3月16日 (金)

「えるぼし」の認定通知書交付式に行ってきました!

みなさんこんにちは!

以前このブログでもお伝えしましたが、医療法人社団しただは、採用・継続就業・労働時間等の働き方・管理職比率・多様なキャリアコースのすべての項目をクリアし、最高ランクの「3つ星のえるぼし」の認定を受けました。

えるぼしは、女性の社会進出や活躍を支援するための法律「女性活躍推進法」に基づく認定制度です。女性活躍推進法の基本原則には、

・男女の職業生活と家庭生活との円滑かつ継続的な両立を可能とすること

・女性の職業生活と家庭生活との両立に関し、本人の意思が尊重されるべきであることに留意することが明記されています。

つまり、女性を出世させるということだけではなく、ワークライフバランスの見直しや、女性本人の意思に基づいた働き方を考えていきましょう!ということなのです。

それでは14日に新潟美咲合同庁舎 新潟労働局にて行われた「えるぼし認定通知書交付式」の様子をお伝えいたします!

P1000036

厚生労働省新潟労働局の楪葉労働局長より認定証を授与される事務局長奥山。

P1000042

記念撮影中、奥山だけ終始口元を「んっ!」と一文字に結んでいました。

もうちょっとリラックスしても・・・

P1000101

楪葉労働局長、同じく新潟労働局雇用環境・均等室の木村室長との対談の様子です。

総務部長と事務局長より働き方や医療法人社団しただの今後について熱く語っていただきました!

------------------------------------------------------

ちなみに当法人に入職して2週間ほどのわたしがこの記事の最初で挙げた項目で実際に体験していることは「労働時間の働き方」です。

入職1日目で一番驚いたことが、ほとんどの職員が定時の17時30分に上がっていたこと。

「総務だけだろうな~」なんてぼやぼや考えながら身支度を終えて職員駐車場に行くと17時45分には職員駐車場のほとんどの車が無い・・・

疑い深いわたしは「これがきっと1週間後には・・・」なんて思っていましたが1週間経とうが何も変わらず。どの部署でもいつでもしっかり定時上がりのようでした。

最近になってやっと信用できた感じです、すみません。

 ----------------------------------------------

今回のえるぼし認定をきっかけに、これまで以上に多様な人「財」が活躍できる職場環境を整備していきます!

Photo_2

写真T.K 記事M.O

-----------------------------------------------

医療法人社団しただ リクルートサイト

Banner01

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。